フリーランスで安定した収入を得るために

日常の生活や仕事においてコンピューターやインターネットはなければならないものとなり、サービスや技術の安定性や安全度、より良いユーザビリティなどが求められるようになっています。これに対応するのがIT技術職であり、システムエンジニアやプログラマ、ウェブデザイナーなどが筆頭に挙げられます。

特徴としては個人の技術が大きく、求められるスキルは専門知識に秀でている、さらにIT業界は進歩が早く常に先端を学び対応できる、柔軟性なども必要となります。さらに一般的な技術職のイメージとは異なりますが、コミュニケーション能力も重要視されていて、専門外であるクライアントやユーザーに理解してもらうように説明するのも大事な仕事のひとつです。またこれらは独立してフリーランスや個人事業主になった時はよりいっそう重要視されていて、業務委託を受ける際に報酬や手数料の交渉、それ以前に仕事の受注に至るまで対人関係は仕事の基本になります。

技術職の仕事は技能的なスキルだけと思われがちですが、対応しているのは人間であり、専門知識のない相手に理解してもらう、システムやプログラムを使えるようにしなければいけません。むしろ積極的に人と関わることが求められる仕事であり、そういった事情を知ることが大切です。コミュニケーション能力を上げると人脈も広がっていきますし、キャリアアップも可能となりますので、積極的に人と関わっていく必要が出てくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です